筋トレマニア

筋トレの方法について、いろいろと解説してゆきます。

インナーマッスルトレーニング

インナーマッスルトレーニング

インナーマッスルとは内側に筋肉を指します。

それに対して外側の、目に見える筋肉はアウターマッスルと呼ばれます。

為のトレーニングがインナーマッスルトレーニングです。

トレーニングというと、ダンベルやベンチプレスを思い浮かべますが、アウターマッスルを鍛える際に行うトレーニングです。

負荷を多めの回数で行うのが特徴です。

インナーマッスルトレーニングはストレッチやチューブを使用したトレーニングです。

限界まで筋肉を酷使せず、筋肉に刺激を与えるつもりで行うのが大切です。

負荷が小さい為、筋肉の回復も早めとなりますので(個人差はありますが行うことができるのもインナーマッスルトレーニングの特徴ではないでしょうか。


関連性のある記事